三鷹市の歯科「ねま歯科クリニック」は、三鷹駅徒歩5分の歯科医院です。標榜科目として歯科、口腔外科、小児歯科、矯正歯科のほか、精密治療、インプラント、審美歯科、小児矯正などに力を入れております。

ねま歯科クリニック

0422-26-6888
平日/9:30〜19:00 土曜/9:30〜18:00
【休診日】日曜・祝日

インプラント

近年、インプラント治療は歯を失ったときの治療法として広く知られるようになりました。
失った歯の所にインプラントを施します。
今まで隣の歯を削って埋めていたブリッジとは異なり、インプラントでは健康な歯を削る必要がありません。

インプラントとは

歯を失ったときの代表的な治療法としてあげられるほど注目を集めてきたインプラント治療は、今までの入れ歯・差し歯やブリッジなどとは違います。
顎の骨の中にインプラント体を埋め込み、その上から人工歯を固定する治療法をインプラントと言います。インプラント体は、小さなネジのような形状をしており、生体組織に最も近く影響を及ぼさないチタンでできています。

このインプラント治療は、歯根を再現することが可能となり、自然の歯に近い状態にすることができますので、快適な噛み心地を得られます。

歯科用CTを使っての治療

当院では、インプラント治療の際に「3D-CT」を使用しております。

この3D-CTを導入することにより顎の状態などの立体的な診断が可能としました。2Dでは確認しづらかったり見えずにいた部分も、3Dであればしっかりとチェックすることができます。
不明瞭な部分を無くすことで、より正確で安心・安全なインプラント治療を行うことができます。

さらに今までのCTと比べ、被曝量が圧倒的に少ないのもメリットの一つと言えます。

インプラント治療のメリット

インプラント治療を行うことで、以下のようなメリットがあります。

  1. メリット1自然な噛みごたえ

    インプラントはインプラント体の上に義歯を固定します。
    そのため非常に安定性があり、違和感なく食事を楽しむことができます。また、天然歯とほとんど変わらない咀嚼力があるので、かたいものもしっかり噛むことができます。

  2. メリット2周囲の歯に影響を及ぼさない

    独立した歯を作成するので、1本からでも治療が可能です。他の歯を削ったり負担をかけることがありません。
    むしろ、噛み合わせを支える歯が元のようになるため、残っている天然歯を長持ちさせるメリットがあります。

  3. メリット3見た目が自然で美しい

    審美歯科でも取り扱われるインプラント治療は、見た目の仕上がりがとても自然です。
    言わなければ天然歯との区別はなかなかつかないでしょう。

  4. メリット4アレルギーが起こりにくい

    金属アレルギーの心配がなく、素材の劣化もしにくいのが特徴です。
    安全性の高い素材を使用しておりますので、安心して治療を受けることができます。


インプラント治療例

それでは、様々な症例をもとにインプラントの治療例を見ていきましょう。

歯を1本失ったケース

他の治療法として「ブリッジ」がありますが、この治療法では無くなった隣の歯を削る必要があります。
インプラント治療では、土台を作る必要がないため、完全に独立した歯を作成することができます。そのため、周囲の歯に負担をかけることなく治療をすることができます。


歯を数本失ったケース

この場合、他の治療法を選択するとすれば「部分入れ歯」になります。
一般的な治療法ではありますが、留め具の金属の違和感は拭えません。また、噛み心地が上手くいかないという場合も多くあります。そこにインプラント治療を選択すると、直接顎の骨の中にインプラント体を埋め込むため、安定性を確保することができます。
違和感がないことはもちろん、かたいものを食べてもしっかり安定したままです。


歯を全て失ったケース

この場合だと他の治療法では「総入れ歯」になります。総入れ歯はどうしても違和感を払拭しきれず、外れやすいといったデメリットも目立ちます。

そのような場合は、インプラントと総入れ歯を併用することが可能です。インプラントを数本使用し、そこに総入れ歯を固定します。咀嚼力の強度と安定性を向上させ、違和感を軽減させることができます。


インプラント治療の流れ

インプラント治療は、以下のような流れにそって行われます。

  • カウンセリング

    患者様の口腔内の状態をしっかりチェックし、インプラント治療を行えるかどうかの診査をします。
    この際に詳しい説明をしますので、不明点等ございましたらお気軽にお尋ねください。

  • 歯科用CTによる検査

    歯科用CTを使用し、より細かく検査をしていきます。
    歯科用CTを通してでないと見えない部分がありますので、とても大切なステップです。

  • 治療計画

    歯科用CTでの検査結果をもとに、患者様と共に治療計画を立てていきます。

  • インプラント手術

    顎の骨の中にインプラント体を埋め込む手術を行います。
    およそ2〜6ヶ月でインプラントと骨が結合します。

  • 義歯を装着

    インプラントと骨の結合確認をし、義歯の製作に取り掛かります。
    インプラント体に土台を取り付け、その上に義歯を固定します。

  • メインテナンス

    数ヶ月に1度のペースでご来院していただき、定期的に噛み合わせや口腔内状況をチェックします。
    インプラントの長持ちには、適切なホームケアがカギとなります。